フリーメールを活用して人妻と出会おう【clarencemo】

フリーメールを活用して人妻と出会おう【clarencemo】

出会い系サイトはフリーメールアドレスOKなところが多いので専用メールアドレスなど用意すればすぐ利用することもできます。人妻はバレずに出会いたいのでフリーメールを活用しています。

人妻と出会えるサイト特集

SWEET LINE

サイトの特徴
・割り切り関係・不倫
・フリーメールアドレスOK

多くの相手と体の欲求を満たしたい男女が集まるサイトです。安全な不倫関係もルールを守ればできますよ。

FirstMail

タイトル
・常に最新の掲示板情報掲載
・地域検索機能付き

プロフィールや写真から相手を探すことができますので、自分好みの方に出会う確率も高い!Hな大人の出会い体験してみませんか?

出会いひろば

タイトル
・チャットルーム完備
・豊富な検索と掲示板機能付き

誰にも秘密な恋愛を楽しみたい方にオススメのサイトです!もう一度恋愛がしてみたい方は是非お試しください!

フリーメールで出会い系サイトに登録をしているという人

フリーメールでも登録可能となっている出会い系サイトというのはサクラが少ないケースが多いです。
ちなみに何個でも無料で手に入れることが出来るメールアドレスのことをフリーメールといいます。

パソコンやインターネットに詳しくない人でも簡単にフリーメールを取得することができますので皆さんも出会い系サイトに登録をする際にはフリーメールを活用することをお勧めします。
一般女性の中にはパソコンやインターネットのことが分からないという人が多いですが、フリーメールは取得することができるという女性も多いですので、女性会員でもフリーメールで出会い系サイトに登録をしているという人は少なくありません。

つまり一般女性会員の場合フリーメールを活用しているケースが多いですので、フリーアドレス登録可能となっている出会い系サイトのほうが安全なのです。
サクラの場合はフリーメールでなくても関係ないですし、パソコンについてもある程度の知識を持っているケースが多いですのでフリーメールを活用していないケースが多いのです。

また一般女性会員の場合はサクラのように収入を得ることを目的としているわけではないですので、パソコンに関しての知識もいりませんし、安全面を考えてフリーメールを活用しているケースが多いのです。
フリーメールであれば迷惑メールが普段使われているアドレスに送られてくるわけでもありませんし、OLなどでも安心して活用することが出来るので重宝されています。
特に出会い系サイトを利用していることを知られたくない人妻はフリーメールを利用している傾向が強いです。
もしも出会い系サイトを利用していることが知られてしまったら死活問題になりかねないわけですので当然といえるでしょう。

なので一般の人妻会員は特に出会い系サイトではフリーメールを活用しているのです。
サクラが少ない出会い系サイトに登録をしたいと思っているのであれば、本メールアドレスではなくフリーメールでも登録可能となっている出会い系サイトを選ぶようにしましょう。

人妻の呼び方

ネットの出会い系サイトの人妻コーナーに居る人妻は、果たして自分のことを何と呼ばれたいのでしょうか。

「奥さん」それとも「○○子さん」?答えは当然、「○○子さん」でしょう。
「奥さん」と呼ばれて嬉しいのは、結婚したての新婚ホヤホヤの時だけ。

近所に魚屋に行って「奥さん、今日は何にします?」と言われた時、「いやだ、奥さんなんて呼ばれちゃった!」と有頂天になったりしますが、1年が過ぎ、2年、3年、10年と、呼ばれるのは「奥さん」のみ。

奥さんなんかもう飽き飽きしているわけです。誰も、もはや自分を名前でなんて呼んでくれない。旦那ですら「オイ」とか「お前」としか呼んでくれないのです。

なので、出会い系サイトの人妻コーナーの人妻にメールを送る際は、「こんにちは。○○子さん、あなたは本当に自分好みで見ているだけで飽きません。」などと、ちゃんと名前を呼ぶべきでしょう。

そうすると、人妻の方も名前をちゃんと呼ばれたという事で、新鮮な気持ちになるだろうし、あなたの事をきちんとした人格の持ち主だと感じるでしょう。

実際に会うことになって、たまに「奥さん」と呼んで、人妻に「私は人妻なのにこんな事をして、、」とスリルを感じさせるのは時にはいいでしょう。

人間は悪いと思っていることをするとスリルを感じるものですし、そのスリルで行為がますます楽しくなる生き物だからです。

名前でよばれたほうがうれしい!?

出会い系サイトで人妻と不倫関係になった場合、あなたは相手の女性を「奥さん」と呼ぶのか「名前」で呼ぶのかどちらがいいと思いますか?

もちろん相手の女性にもよるかもしれませんが、人妻は主婦だという自覚があるので「奥さん」と呼ばれる事に抵抗はありませんよね。

そして、「奥さん」と呼ぶことで不倫相手の男性も人のモノに手を出しているというスリルを感じる事が出来ます。

出会い系サイトの不倫専用の掲示板では不倫をしたいという男女が集まっているので、罪悪感は最初からありません。

むしろ、不倫はいけないと知っていて不倫をするのは、そのスリルが快感になる事を知っているからです。

なので、不倫をより意識するために「奥さん」と呼ぶのもいいのですが、一方で不倫をする女性は日常生活で妻であり、お母さんであり、○○ちゃんのママという呼び方をされていて、名前で呼ばれる事は少ないので、名前で呼ばれたい、妻や母としてではなく女性として扱われたいという願望もあります。なので名前で呼ぶ事でいつもと違う自分になれる感覚を味わえるかもしれません。

誰だって、名前で呼ばれた方が距離が縮まった気がしますし、嬉しいですよね。

そのため、「奥さん」と呼ばれたいか「名前」で呼ばれたいかは相手の女性によって異なるものかもしれませんが、周囲に人がいる時には「奥さん」と呼び、2人きりになったら「名前」で呼ぶ。そんなふうに両方を使い分ける方がスリルも同時に味わう事が出来ていいかもしれませんね。どちらを呼ばれても女性は嫌がる事はないと思います。

人妻の不倫体験談

出会い系サイトを利用している38歳主婦の体験談です。
彼女が出会い系サイトで知り合った男性と不倫するようになったのは半年前からです。
彼女は結婚当初は出会い系サイトには全く興味がなく、不倫もしたいとは思っていなかったようですが、夫の仕事が忙しく夫婦間ではセックスレスな状態がもう2年も続いていたようです。
そして女性として扱われない事への寂しさや満たされなさが彼女を出会い系に登録させたようです。

出会い系サイトに登録するとすぐに何十通ものメールが彼女の元に届きました。
出会い系サイトに登録して驚いた事は彼女と同じようにセックスレスに悩んでいる人妻の多さや、既婚者の男性がたくさん登録している事でした。

そのたくさんのメールの中から彼女の目を惹いたのは、セックスレスで1年以上セックスをしていない男性で、家庭を壊す気はないので割り切った関係で会いませんか?というお誘いのメールです。

彼女自身も小学生の子供がいて、離婚する気持ちも家庭を壊す気持ちもなかったので、利害関係が一致する男性と少し家から離れた喫茶店で待ち合わせをして会う事にしました。

会ってみると男性は紳士的で穏やかで出会い系サイトなんて利用しそうにないタイプだった事が逆に安心でき、いろいろ話をするうちに打ち解ける事が出来たので、その後2人はホテルへ行きました。

男性が先にシャワーを浴び、女性が次にシャワーを浴びていると、男性がバスルームに入ってきたそうです。

そして、ベッドではなく、バスルームでセックスの前戯を楽しみベッドでは、罪悪感を感じながらも同時に快楽を感じたようです。

それからも彼女は夫に内緒で出会い系サイトで出会った男性との不倫関係を続けているそうです。

ダブル不倫の場合はお互いに秘密厳守で会うため行動も慎重になり、また同じような罪悪感すら快楽になるので関係が長続きする傾向が強いようですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ